MENU

【POSIWILL CAREER体験談】変われる!キャリアデザイン・プランを実際に受けた感想、徹底レビュー

岩場でジャンプする男性

ここでは、POSIWILL CAREERを実際に受けた筆者が、ポジウィルキャルリアの内容を徹底レビュー。私が受けた1ヶ月の「キャリアデザイン」プランについてトレーニングの内容をリアルにお伝えします。

「ポジウィルって実際にどうなの?」
「高額だけど、本当に価値あるの?」
「今の自分にあっているかな?アラフォーでも大丈夫かな?」

そんな疑問を持っている方の参考になればうれしいです。

先に結論を言ってしまうと、ポジウィルキャルリアを受けた感想はこちら

先に結論!POSIWILL CAREERの自己分析プランを受けた感想
  • 一人では気づけない思考の癖に気づけた
  • 変われる
  • 今後のキャリアがより明確になる
  • 一人では超えにくいタスクに伴走してもらえる
  • ポジウィルのメンバーが素敵
  • 高額だがそれ以上の価値がある
  • アラフォーでも大丈夫

私はPOSIWILL CAREERの1ヶ月のキャリアデザインコースを受けることで、自己理解が深まりこれからの人生を前向きに自分らしく過ごせる貴重なヒントを得ました

一人では絶対に気付くことができなかったので、高額でしたが、それ以上の価値を感じました。非常に満足しています。


もしキャリアの悩みを晴らしたい今の自分を変えたいと本気で思っているなら、是非チャレンジしてみてください。

まずはオンラインでできる45分のを受けてみると、実際の雰囲気や自分に合っているかどうかもわかると思います。無料なので、とりあえず今の自分のキャリアについて相談するだけでも有益です。

最近人気が高まっていて私はスタートまで1ヶ月待ちでしたので、興味のある方は早めの予約がおすすめです。

\ 無料相談で、まずはお試し! /

それでは私の実体験をもとに、詳しくサービス内容を振り返っていきたいと思います。

目次

POSIWILL CAREERを何故受けたのか

窓の前で佇む人
POSIWILL CAREERを受けた理由
  • やりたいことがわからずに、ずっと悩んできた
  • 一人で行う自己分析に限界を感じた
  • キャリアについてプロのアドバイスが欲しかった

私は30代後半、上場企業の営業職。子供二人の家庭持ちです。

何となくライフイベントも一通り終えた感もあり、「人生こんなもんかな〜」という思いがありながらも、「もっと自分らしく生きたい」「このままサラリーマンを無難にこなして定年まで働くの嫌だな」そんな思いを抱えていました。これまで営業に向いていない自分、会社にコミットできない自分にも長く悩んできました。

特にこれからは、人生100年時代。
働く時間はこれまで以上に長くなるので、キャリアや人生設計がこれまで以上に重要だと感じていました。

そんな中、会社から転勤の話しがあったこともあり、いい機会なので転勤前に一度キャリアの棚卸しをはじめました。今後自分が本当に向かいたい方向、次の10年をどう生きるべきかを考え始めました。

そんなある日、ツイッターでポジウィルについて知ります。

もし、キャリアに悩んでいるのなら、まず最初に「どう生きるのか?」を整理すると心がスッキリします。「ポジウィルの45分間無料キャリア相談」これいいですよ。無理な勧誘はなくて無料。客観的な意見が聞けます。40代もOKでした。迷いが晴れると軽やかになる。https://t.co/E63UDxHVlZ— いれぶん (@eleven_s_s) May 17, 2021

「いれぶん」さんはツイッターのフォロワー5万人超えのインフルエンサーです。このツイート、40歳を前に未だにやりたいことがわからない自分には響きました。

初めは、高いお金を払ってまでキャリアの相談することに抵抗はありました。

ただ一人での自己分析には限界も感じていたし、一度プロに意見を聞きたかったのでまずはPOSIWILL CAREERの無料相談を受けることにしました。

45分の無料相談の中でも気づきがあり、手応えも感じたのでキャリアトレーニングを受けることを真剣に考え始めました。

他のキャリアコーチングサービスとも比較もしまいたが、ポジウィルは創業者の想いや実績が頭ひとつ抜けていると感じました。

『「どう生きたいか?」でキャリアを決める』というメッセージにあるように、
今後の生き方の軸を決めるのにPOSIWILL CAREER 以上に自分にフィットするものはありませんでした。

今後もずっとモヤモヤを抱えたまま時間が過ぎるのは嫌だったので、ここで変わろうと決意し、思い切ってPOSIWILLCAREERのトレーニングを受けることにしました。

\ 無料相談で、まずはお試し! /

個人的にはキャリアコーチングはPOSIWILL CAREERが一番いいと思いますが、合う合わないもありますし価格的には他のキャリアコーチングの方が安いので、比較されたい方は「厳選:おすすめキャリアコーチング3選 ー料金、特徴、各社比較ー」も参照ください。

POSIWILL CAREERを受講するまでの流れ

無料相談申し込み

POSIWILL CAREERはまずに申し込みます。

この申込のUXがかなりよくて、スマホですぐに日程を決めることができます。

無料相談は45分、無理な勧誘はないので安心してください。

今不安に思ってること、これからのキャリアについて正直に話してみて下さい。

よい面談にするには予め自分の中で面談の内容を整理しておくことをおすすめします。私は45分の無料相談の中でも貴重な気づきがありました。

無料相談の詳細は「【体験談】想像以上!ポジウィルキャリアの無料診断を受けてみたのでレビュー」も参照ください。

\ 無料相談で、まずはお試し! /

コースの決定・支払い

POSIWILL CAREERのコースは3つあります。

POSIWILL CAREERの3つのコース
  • 自己分析コース
  • キャリア実現プラン
  • キャリア実現プランプラス
211201ポジウィルキャリアのコース違い
211201ポジウィルキャリアの料金表

詳しいプランの内容やメリットデメリット、口コミは「【体験済】ポジウィルの評判・料金・徹底解説!50万円の価値はあるのか?」参照下さい。

私は無料面談の際にキャリアデザインコースを提案頂き、転職を真剣に考えていたわけではないので、キャリアデザインコースにしました。

キャリアデザインコースは1ヶ月で5回、1回1時間の面談を行い自己分析をしていきます。期間中はスラックのチャットで質問や課題提出をしながら進めていきます。

転職を真剣に考えている人は転職サポートがついている「キャリア実現プラン」がおすすめです。こちらは75日で10回の面談を行い転職まで伴走するプランです。

支払いは銀行振り込みかクレジットカード。分割払いも可能です。

最悪、サービスが自分に合わなかった場合はトレーニングが始まってから8日間以内であれば返金保証もありますので、安心です。

支払いが済んだ時点で初回トレーニングの日程調整に入ります。

私が入会した時は入会者が多く、開始は1ヶ月後となりました。

POSIWILL CAREER、受講前の準備

初回面談までの間にコーチの選定と事前課題があります。

トレーニングで使われるツールにもトレーニングが始まるまでに、慣れておくと安心です。

キャリアトレーナーの選定

POSIWILL CAREERのトレーは採用通過率1/100の厳正な審査を突破した専属キャリアトレーナです。

プロ中のプロですので安心して全てをぶつけられます。

POSIWILL CAREERのトレーナー
  • POSIWILL CAREERのトレーナーは採用通過率1/100の厳正な審査を突破した専属キャリアトレーナ
  • トレーナーの指名はできない。男女のリクストは可能
  • 違和感がある場合は事務局に相談 → トレーナーの変更も可能

トレーナーはあなたのキャリアや相談の特性に合わせてポジウィル側が選定します。こちらから指定することはできません。

ただ男性、女性の希望は伝えることができます。もしその他に起業経験がある人、特定の業界に明るい人など何か希望があれば伝えてもよいと思います。

私は性別も含めて全ておまかせにしました。

どなたが担当となるのかドキドキ待っていたところ事務局からスラックで連絡がきました。


アサイン頂いた担当は永井啓さん


人当たりがよく、ポジティブオーラのある爽やかで素敵な方でした。

自分の話しを真摯に聞いて頂き、豊富な知識と的確なアドバイスを頂けたので今回多くの気づきに繋がりました。

永井さんには感謝しかないです。

トレーニングの様子

トレーニングはディープな話もポジティブに、楽しくすすめることができました。


キャリアトレーニングはトレーナーが命です。

もし合わなかったら、早めに交換をしてもらったほうがいいです。


実際私は1回目の面談で手応えが少なかったので、事務局に相談をしました。

結局、事務局側に選定理由などを聞いて納得したので、担当変更はせず、その後の面談も満足しました。違和感を感じたときに事務局側が気持ちよくサポートしてくれるのは心強かったです。

POSIWILL CAREERのトレーニングに必要なツール

実際のトレーニングを始めるにあたり必要なツールは3つ。

キャプション
  • Googleのアカウント
  • Slack(アプリ)
  • Zoom(アプリ)

面談は基本Zoomで行われ、連絡はSlackが使われます。

どちらも無料アプリで使いやすいので特に問題はないと思いますが不安な方は事前に操作方法をチェックしておくと安心です。とくにZoomは一度も使ったことがない人は、面談時にうまくいかないと焦るので、事前に使ってみることをおすすめします。

事前ワークや面談で使われるワークシートはGoogleのSpread Sheetで共有されるのでGoogleのアカウントが必要です。
こちらも無料ですぐ作れます。

Slackのアカウント登録はこちら
Zoomのアカウント登録はこちら
Googleのアカウント登録こちら

各種の登録や使用方法はポジウィルの事務局の方も丁寧に案内をくれるので心配はしなくても大丈夫です。

事前課題

トレーニングの開始前にスラックのプライベートチャンネル(事務局やトレーナーの方とチャットする場所)が開設され、Google SpreadSheetでワークシートが共有されます。作業として難しい点はありません。

トレーニング前の事前ワークとして「ワークシートの記入」「性格診断」「おすすめ図書の紹介」があります。

性格診断は質問に答えていくことで自分の性格タイプを知り自己理解のヒントになります。

おすすめ図書は自己分析、キャリア、転職などのテーマのおすすめ本を紹介してもらえます。トレーニング中にもいくつか書籍を紹介してもらえますが、これらの書籍がかなり参考になります。

そして一番大事なのが事前ワークシートです。

ワークシートは自分の強みや課題から始まり生活の充実度や家族構成、過去の経験、職歴など幅広く自分の深堀りをしていきます。全部で4シートあり、これを最初の面談までに埋めておきます。

事前ワークシートの一例

このワークシートの分量が結構多くて骨が折れます。

中には答えにくい質問もありますが、今後のトレーニングのベースとなりますので、できるだけ時間をとって自分と向き合って埋めていくことが重要です。ここで自分のできる範囲で自己分析をしておくことで、その後の面談にも生きてきます。

ワークシートの記入を終えたら、いよいよトレーニングの開始です。

\ 無料相談で、まずはお試し! /

トレーニング1回目:オリエンテーションとゴール設定

コンパスを持った写真

1回目の面談はオリエンテーションに加え、ワークシートの確認と今後のキャリアトレーニングで何を実現するのかゴール設定を行いました。

記入したワークシートを見ながら、これまでの自己分析のポイントをいくつかアドバイス頂きました。

一通りヒアリング頂き、今回設定したゴールは3つ

私の設定したゴール

・自分の過去の選択内容を振り返り、選択の傾向を知る。
・自分のリソース(強み・持っている力)を整理する。
・未来の選択の優先順位をつけて、納得のいく意思決定を行う。

私はこれまで自分に自信がなくて自分で決定をしてきませんでした。楽をして流されて生きてきた感があるので、そういった自分を変えたいという思いもあり、このようなゴール設定になりました。

面談の最後に「スタンフォード大学の超人気講座 実力を100%発揮する方法」という本を紹介されました。

この本、自己啓発の本はこの本1冊でいいと言うくらいの良書です。

自分の心をコントロールする手法がのっている本で、人にはそれぞれ自分の心にネガティブに作用する妨害者タイプがあるのですが、これを知ることで自分とよりよく付き合って前向きに生きることができます。私も日々実践をしています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ポイント!

まずは目標設定!
トレーニング前にポジウィルで実現したい未来を自分である程度設定をしておくといい

トレーニング2回目:自己分析で涙

面談2回目は過去のネガティブな体験について深堀り

ワークシートに書いていたいくつかの事象をとりあげました。

私は幼少期に人間関係でひどく傷ついた経験があり、ここにトレーナーの永井さんがメスを入れます。

当時の私の境遇に共感してくれて、どんな様子だったのか聞いてくれます。

私はその事で深く傷ついていましたが、傷ついている自分を認めれずに自分の感情に蓋をしていました。でも話しをしながら当時の心境を語ることで自分の感情に素直になることができたのだと思います。

そして、永井さんから「もしその時の自分が今そこにいたら、その時の自分になんて声をかけますか?」と聞かれたときに、何故か感情があふれ涙ぐみ言葉に詰まりました。

そこで当時の自分に「よくやった」と言えたことで少し心が軽くなりました。

自分が思っていた以上に傷ついていたようです。

その後、幼少期の傷を癒やすインナーチャイルドワークを紹介頂き、このワークを行うことで改めて自分と向き合うスタートを切れた気がします。

2回目の面談を通じて、これまでの価値観は親や社会通説の影響が大きく、それに縛られていること。自分の価値や人生を自分で再構築する必要性を深いところで理解しました。

特に私は「強さ」に対して偏った認識をもっており、このことで苦しんできました。

こういった価値観を一つずつちゃんと自分のものにしていくことで自分を受け入れもっと自由に生きることができると感じました。

自分にとってはこの2回目の面談で得た気付きは今回のトレーニングでの一番の収穫でした。

面談後に紹介された本「インナーチャイルドワーク」は、私のように幼少期に傷ついた体験によって人生にネガティブな影響が出ている場合、その傷を癒すことで人生を好転させるワークについて書かれた本です。

に加入している方は無料で読めます。(は月額980円で200万冊以上の書籍が読み放題のコスパのよい電子書籍サービスです。)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ポイント

ポジウィルキャリアで自分では気づくことのできなかった認知の歪みに気づくことができた!
→これにより自分を受け入れることが可能になってきた

\ 無料相談で、まずはお試し! /

トレーニング3回目:人との衝突を恐れずにやるしかない!

面談3回目は、これまでのポジティブ体験を深堀り

私のポジティブな体験はこれまで趣味で続けていたバンドやブログ、イラストなど。それぞれの体験はバラバラなようで、実はどれも自分の好きなように自己表現ができるという共通点がありました。

自分が好き勝手にできる環境においては自ら目標を立てて活動をすることに喜びを見出し、努力も惜しまない。自分のもの、自分が始めたことというスタートの決定感が大事だということにも気づきました。

一方仕事では趣味のようなやりがいを感じていない。

仕事で成し遂げたことは主体的に取り組んだことではないので、客観的にはすごい実績でも自分では自分を評価できない。そもそも好きで入った会社ではないという思いもあり、どうしてもポジティブに捉えられませんでした。

仕事で満足できないから趣味で自己表現してバランスをとっている状態だと整理が進みました。

そんな中、トレーナーの永井さんからの問いかけ

永井「バンド活動とかでメンバーと衝突することってありましたか?」

筆者「いや、あまりなかったと思います。」

永井「そうすると、もしかすると人との衝突を避けているのかもしれませんね。趣味は摩擦のないところで自己表現をおもいっきりできるけど、仕事は人との衝突なしには好きなようにできないから仕事が嫌なのかも」

筆者「確かに仕事で人と衝突するくらいなら、もういいやって思うことはありますね。結果、そんなに一生懸命になれない。。」

永井「だとすると、人との衝突を恐れず、好きに、やるしかないんじゃないですか!」


ずばりでした。

自分は人と争ったり競ったりするのがあまり好きでなく、一歩を踏み出さずにいることが多い。

人間関係に臆病な自分があらわになりました。
そしてこの理由は面談2回目に確認した幼少期のネガティブ体験に紐付いてることも確認できました。

その他、キャリアについても触れて3回目は終了。


・対人関係の衝突を避けがちなこと
・「スタートの決定感が大事」という自分の考え方の癖
・自由で裁量のあることにはのめり込む性質
・自分のやってきた仕事に対して、もう少し客観的に評価、認識する必要がある

様々な思いが頭をぐるぐると巡った面談となりました。

これまでも自分で真剣に自己分析をしてきましたが、正直ここまで深く辿り着くことはありませんでした。

ここまでディープに深掘りできたのはPOSIWILL CAREERのサービス設計、そして永井さんのお陰だと思います。目からうろこ、ボロボロ落ちました。

最後に自分の理解をさらに深めるため「ザ・メンタルモデル」という本を紹介頂きました。

メンタルモデルという4つの思考性を説明した本で、自分のタイプや傾向を知ることで自己理解が深まり自分らしく生きることができるといった内容の本です。誰もが「あ〜、わかる、わかる」と共感できる部分があると思います。ちなみに私は「一人ぼっちモデル」が強めです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ポイント

ポジウィルキャリアで自分のモヤモヤの元凶、人生の課題が見つかる!

\ 無料相談で、まずはお試し! /

トレーニング4回目:3つの道と4L

山中の分かれ道

4回目の面談はキャリアと4Lについて。

4Lとは

キャリア心理学者である サニー・ハンセンが提唱した「4L モデル」を用いて、4 つのL(Labor・労働、Love・愛、Learning・学習、Leisure・余暇)の理想的なバランスや質を可視化します。

まずキャリアの振り返り。これまでの実績を見ていきます。

キャリアの棚卸しで感じたことはこれまで自ら主体的に動いた仕事が少ないこと。受けの仕事ばかりだったので、これをやってきましたと転職の面接で語れるものがないということでした。今後の仕事のやり方を問い直すことができました。

トレーナーの永井さんからは、「客観的にみるとプロフェッショナル性もあり実績も充分ある」とのコメントを頂いたので、自分を過小評価することなく、もう少し客観的に自分のスキルを認識する必要があると感じました。

その後、今後のキャリアの選択肢を具体的に検討します。

ここまでの面談で自分は裁量が大きい場所で自己表現することで満足を得ることがわかったので、これをどんな形で達成するかということを考えていきました。

今後のキャリアの選択肢

①現職の比重を減らし、副業での自己表現の時間を増やす
②現職で自己表現出来るようにしていく
③転職や部署異動で現職を自己表現出来る場所へ変える
④副業を本業にして独立

トレーナーの永井さんがごちゃごちゃとしていた将来の道筋を一つ一つ分解して整理してくれます。

副業は今後も継続したかったので、副業を続けながら本業とのバランスをどうとるか、将来どういった環境がベストかを考えていきます。そして、考えられるキャリアの可能性について情報収集をするよう課題を頂きました。

次週までの課題

①転職可能性を考える為に
 - 求人サイト登録 Wantedly, LinkedIn
 - 転職エージェントと面談、求人確認

②社内での部署異動を考える為に
 - 異動可能性のある部署の雰囲気などのヒアリング

③独立への可能性を考える為に
 - 副業の事業計画書

話しているだけで、行動につながらないのでは意味がない。

ポジウィルキャリアは自分の未来をよりよいものにするための行動を促し、伴走してくれます。

面談の中で、まだ選択肢がうまく絞れていない自分に対して「ここで大きな決断をしてハードランニングする必要はない」「独立は子供が大きくなってからでもいい」などと非常に地に足のついたアドバイスも頂きました。

こんな風に人生全体を考えた上でのアドバイスをもらえるのは、ポジウィルならではだと感じます。

4Lワークでは「Labor・労働」「Love・愛」「Learning・学習」「Leisure・余暇」について、それぞ最適な比率や理想を考えていきました。トレーニングではキャリアについての話しがメインではありますが、こういったフレームワークを知り、人生全体を面で考えることで、自分のベストな生き方を模索することができます。

課題ワークをてんこ盛りもらった中で4回目が終了。いよいよ次回がラスト。

ポイント

ポジウィルは具体的なアクションに落とし込んで、あなたに行動を促し伴走してくれる

一人ではなかなか踏み出せない一歩を後押ししてくれる

\ 無料相談で、まずはお試し! /

トレーニング5回目:どこに行きたいのか、感情と事象をわけよ

最終回は4回目の課題をそれぞれ確認していきました。

①異動可能性のある部署の内情把握

社内での異動を考えられる部署の人に仕事内容や雰囲気を聞いてみました。

私は人に聞くのが苦手なので正直これが一番難しかった。でも今のまま悩んでいてもしょうがない、永井さんにも報告しなきゃと勇気を出して聞けました。結果部署の感じが大体掴むことができました。

②転職サイトとエージェントに登録

転職サイトはWantedly, Linked In,、転職エージェントはリクルートとJACに登録しました。

エージェントの人との面談と紹介される求人で大体自分のレベル感がつかめました。経歴書を書くことで自分の仕事を振り返り売れるポイントを客観視できたのもよかったです。

その後実際にエントリーして、書類でどんどん落とされたり、面接を受けることで自分の立ち位置がわかりました。

③副業の事業計画書

これは書くのが楽しかった。

これまで漠然と考えていた売上も実際に落とし込んで、数字を積み上げていく中で、やるべきことが今まで以上にクリアになってきました。この商材の勝率をあげないと、新しい集客導線も必要かも、新しい商品も作らねば、、などなど。

それぞれのアクションで気づきがありとても有益でした。

一人だと短期間でここまで行動に移せなかったと思います。誰かに見てもらっているというのはそれだけで価値が大きいなと感じました。

結果的に今後自分のキャリアについて残留、移動、転職のどの選択肢を選ぶかは決着しませんでした。ある程度絞ることはできたのですが、もう少し行動をしながら決めてみようと思っています。

最後はいくつか自分が疑問に思っていたことを確認。

トレーナーの永井さんからは「どこに行きたいのかを決めて、そのために何が必要かを考える」その上で「感情と事象は分けて考えたほうがよい」と助言を頂きました。

言葉にすると少し硬いですが、会話の中で押し付けるわけでもなく自然にこういった大事なヒントをくれます。

また、ポジウィルでは実際の面談以上に期間中に自分で考えたり行動する時間が有益です。

おすすめの本を読んだり、課題にとりかかったり、面談の振り返りや次回の準備、内省をすることでこの1か月間でいままであまり使うことがない部分の脳をかなり使いました。

何ともつかれるというか、ちょっと苦しいような。

こういった面談以外の自己内省や活動の時間を含めたすべてがポジウィルの価値提供だと感じました。

ポイント

ポジウィルキャリアの面談での気づき、期間中に考えて行動ですることで、変われる

\ 無料相談で、まずはお試し! /

総括:POSIWILL CAREERの自己分析コースを受けた感想

実際のトレーニングの様子
POSIWILL CAREERを受けてよかった点
  • 自分の認識の歪みや思考の癖を確認できたことで自己理解が深まった
  • ポジティブに生きるヒントと具体的手法を得た
  • 自分の課題がみえた
  • 変われる
  • キャリアについてクリアになった
  • 自分を受け入れられるようになってきた

最後に今回POSIWILL CAREERの自己分析プランを受けた感想をまとめます。

今回ポジウィルキャリアを受けて一番よかったのは、自分の自己認識の歪みや思考のクセを理解したことです。この認識の歪みは自分一人では絶対に気づけません。

どんなスキルやノウハウ、経験をしても、そもそものメガネが曇っていては、気分は晴れません。ですので、この一点だけでもPOSIWILL CAREERを受けた価値はあったと感じています。

そして行動を後押ししてくれる伴走力。
これも代えがたい価値だと思います。

キャリアの専門家が自分を受け止めてくれた上で、プロの客観的な立場から必要な行動に促してくれる。これは転職エージェントや一回のキャリアコーチングでは期待できません。

自己分析をともに見てくれたトレーナーだからこその価値だと思います。

当初、30万円を超える高額な料金に足踏みしましたが、それ以上の価値は確実にありました。

1か月間という期間も集中してやるにはよい期間でした。

欲を言えばもっと早く、あと10年、いや5年でも早く受けたかった。。

私はPOSIWILL CAREERのトレーニングを受けるたことで自分が変わっていくことを実感しました。

そしてこのよい変化を継続する為のツールも受け取ることができたと思います。それは私が何よりも欲していたものだと最後には納得が行きました。

POSIWILL CAREERは本気に取り組めばあなたが今一番求めているものを受け取ることができると思います。

私は1か月のトレーニングで結果的に自分のキャリアはまだ明確には決まっていません。無理に決めなくてもよいとも思っています。

ただ生きる上での軸は見えてきました。

自分がどのように活動すれば自分の行きたいところにいけるのも見えた気がします。

その為、以前にもまして人生に前向きになれています。

でもわかることとそれを実践に移せるかは別。

トレーナー永井さん抜きに自走できるか。

それがこれからの課題。

あとはやるだけ。

\ 無料相談で、まずはお試し! /

ポジウィルキャリアを受ける際の注意点

最後にポジウィルキャリアを検討されている人に注意点を伝えて終わります。

ポジウィルキャリアはキャリアや生き方に悩む人にはとてもおすすめなサービスです。
ただ、主体的に取り組まないと何も生まれません。

高いお金を払ったのだから、、とお客様気分だと何にもなりません。
高いお金だして、自分でめっちゃがんばるんです。

全力でぶつかれば、ポジウィルのキャリアトレーナーは全力で返してくれます。

キャリアでずっと悩んできた、自分を変えたい、自分の人生を好転させたい、まだあきらめられない。
そんな人は是非チャレンジしてみてください。

きっと今よりずっと前に行けると思います。

少しでも気になったら、まずはを受けてみてください。

それでは、また!

\ 無料相談で、まずはお試し! /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる