Life Go ワークショップ:②行動ワーク

ここでは人生をより自分らしく生きるためのプログラム「Life Goワークショップ」の行動ワークを進めていきます。

Life Goワークショップについて

この行動ワークは本サイトで展開している「Life Goワークショップ」のワークの一部です。

ワークショップは「やりたいことがわかない、、」「今のままでは嫌だ、でもどうしていいかわからない、、」といった方向けにより自分らしく生きるために必要なワークを詰め込んだプログラムです。

興味のある方はこちらからどうぞ。

ポジウィルの無料相談!

「やりたいことがわからない」「毎日がつまらない、、」とモヤモヤしている人は、「今後どう生きるのか?」を整理すると心がスッキリします。

ポジウィルの45分間無料カウンセリング」はプロ手を借りて悩みの言語化ができるのでおすすめ!

無理な勧誘はなくて無料。上手く話せなくても大丈夫、キャリアのプロの客観的な意見が聞けます。

40代でもOKでした。迷いが晴れると前向きになれる!

\ 無料相談45分、人気なので予約はお早めに! /

目次

行動ワーク

行動ワーク

それでは行動ワークをすすめていきましょう。

行動ワークではより自分らしい人生に歩みをすすめるために必要な行動をすすめていきます。

当たり前ですが、これまでと同じことをしていては変わることはできません。変わるためには新しい行動をとっていく必要があります。

突然ですが、ホメオスタシスを知っていますか?

ホメオスタシスは生命維持のため体内環境を一定に保とうとする仕組みのことで、自分に起きる変化を嫌います。

例えば暑い時に汗をかいて体内の温度を一定に保とうとします。

あなたが何か新しいことをするとホメオスタシスが妨害してきて、あなたは不安になったりストレスを感じたりします。これが人が変われない根源です。

まずは人は生理的に変化を嫌うということを知ってください。

そして、もし新しいことを始めて不安になったり、居心地が悪かったり、ストレスを感じた時はそこで止めてしまわずに「自分は今まさに変わろうとしている」とポジティブに捉えて変化を前に進めてみてください。

それでは新しい行動をするワークに取り掛かりましょう。

実践していく新しい行動は大きく5つです。

人生を変える5つの行動

①環境を変える(変化の土台をつくる)

②習慣を変える(新しい行動を取り入れる)

③転職活動(自分の市場価値と可能性を知る)

④30日チャレンジ(自分の好きを実現する)

⑤副業(人生の自由度を上げる)

盛りだくさんですが、より自分らしく自由な人生を手に入れるためにはどれも非常に大きな意味を持つ活動です。

少しずつでいいので是非取り組んでみて下さい。

数ヶ月の時間が必要なものもありますので、順番は気にせず気になるものから実践してみてください。

大事なことは行動することです。

自己分析をいくら深めても、行動を変えなくては何も変わりません。

環境を変える

環境を変えるイメージ画像

”人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。”

これは世界的に有名なコンサルタント大前研一さんの言葉です。

何かを始めようと決意を決めても環境を変えないと人はなかなか変われません。

まずは環境を見直しましょう。

時間配分

時間は誰にとっても平等。1日24時間です。

でもその使い方で結果は大きく変わります。

まず今の自分の時間の使い方に意識的になりましょう。

毎日何にどれくらいの時間を使っているのかを確認。

そしてできるだけ自分が好きなこと、やりたいことに時間を割りてましょう。

毎日の時間を自分の意思で設計していくことが自分の人生をつくっていくことに他なりません。

お金よりずっと大事なものそれが時間です。

住む場所

住む場所はあなたのライフスタイルにダイレクトに影響します。

あるアメリカの研究では住む場所で年収が決まるという研究結果もでています。

周りの人がお金持ちばかりだと引っ張られて自分もお金持ちになるということです。窓ガラスの割れた街では犯罪が増えるというデータもあります。

住む場所は自分の理想に近い場所を選びたいところです。

急に引越しが難しくても部屋の模様替えをしたり、好きなカフェで読書の時間をつくったり、今までと異なる空間、自分の理想に近い空間に身を置くことが大事です。

付き合う人

「あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である」これはアメリカの有名な起業家ジム・ローンが残した有名な言葉です。

あなたの話し方、しぐさ、趣味、思考、年収はあなたがよく時間を過ごす5人の人の平均になるということです。夫婦がだんだん似てくるのもお互いに影響し合っているからでしょうか。

それだけ付き合う人は大事です。大切な人との関係を大事にしながらも、自分を変えていくには自分の理想に近い新しい人との出会いを模索していくことが必要です。

同時に自分に悪影響を与えている人とは意識的に接する時間を短くしていきましょう。

習慣を変える

人間は常に意識的に行動しているように見えて実は無意識の自動運転をしています。

アメリカのデューク大学の研究によると、人の行動は45%ほどが無意識な習慣的な行動 だという研究結果もでています。

身についた習慣は日々を効率よく過ごす時には便利なのですが、自分を変えたいときには邪魔になります。当たり前ですが以前と同じことをしていては変わることができません。

慣れ親しんだ習慣から離れて、新しい行動や環境を取り入れることが必要です。

それは今の自分が心地いいコンフォートゾーンから飛び出すことでもあり、少し居心地が悪いかもしれません。ホメオスタシスの影響もでます。

急に大きく変える必要はないので、できるところから少しずつ古い習慣を新しい習慣にアップデートしましょう。

そして新しい習慣を取り入れやすいように環境を変えていきましょう。

どんな習慣がマッチするかは人にもよりますが、多くの書籍や著名人で紹介されているおすすめ習慣は下記です。参考にしてみてください。

おすすめ習慣

①早起き(朝に自分のやりたいことをやる時間をとる)

②運動(歩く、筋トレなど毎日適度な運動をする)

③読書(1日数ページでも良いので決まった時間に)

④掃除(気持ちのよい空間で過ごす)

⑤書く(日記でも記録でも。書くことで気づくこともあります)

⑥瞑想(何もしない時間、脳がスッキリします)

⑦デジタルデトックス(スマホから距離を置く)

⑧睡眠(7時間以上、質の高い睡眠をとる)

⑨感謝する(感謝を口にしよう)

⑩親切(人へ親切をすることで自己肯定感があがります)

ポイントは初動を早くすること、1回分を短時間にすること、いつやるか時間をきめること、なぜやるかを腹落ちさせることです。

もし続かなくてもそれは自分に合わなかったということですのであまり気にしないでください。

ただホメオスタシスの話しを思い出してください。

もし頭ではよい変化だとわかっているのに、ホメオスタシスが邪魔していると感じたらそこはもう少し頑張りたいところです。

なかなか頑張れないときは、やらなくてはいけない環境を作りあげましょう。

方法としては周りの人にやると宣言してしまう。一緒にやる仲間をつくる。スクールなどに通うなどがあります。

仲間をつくるにはミンチャレというアプリもありますので気になる方はチェックしてみてください。

転職活動

転職活動のイメージ画像

転職活動は、自分の立ち位置を知り、新しい可能性を開く非常に有益な活動です。

是非「転職活動」をしてみてください。

「急に転職しろっていうの?」「そりゃ人生変わるだろけど、無茶苦茶じゃない?」そう思われた方もいるかもしれません。

先に誤解を解いておくと、あくまで「転職活動」を推奨しているわけで転職自体をすすめているわけではありません。当たり前ですが転職するべきかどうかは人によります。

ただ「転職活動」はすべてのビジネスパーソンに有益です。特に30代のうちに転職活動で自分の立ち位置を確認しておくことが重要です。

もしあなたがこれまで一度も転職をしたことがない場合は特に効果絶大です。必ずやってみてください。

転職活動は今の自分の市場価値を知り、普段話しができない様々な企業と話が無料でできるコスパの非常に高い活動です。

嫌ならいつでもやめれます、費用もかかりません。職務経歴書の作成や面接の準備など面倒なことも多いですが、自己分析ワークで行なった自己分析を当て込んでみてください。今までと違ったより自分らしい経歴書が書けるはずです。

なぜここまで転職活動をすすめるかというと、私の実体験からです。

私はずっと「自分は他で活かせるスキルもないし、今の会社で定年までなんとかやっていくしかないんだろうな、、」と考えていました。就職活動では50社以上落ちたこともあり、自分に自信がなく今の会社に不満はありながらも転職活動には後ろ向きでした。「また、いろんな会社に拒絶されるのはいやだ、、」「どうせ自分には無理」そう考えていました。

でも実際に転職活動をした結果は、複数の会社から内定をいただき、結果的に異業種異職種にも関わらず給与は上がり残業も減りました。

活動を通じて市場から求められていることと自分が売れるものも明確になりました。

誰もが必ず良い結果になるとは限りません、ただ終身雇用が終わり変化の激しい世の中で市場に自分をさらすことはとても重要です。結果として転職しなくとも選択肢が広がると精神的にも自由になります。

30Daysチャレンジ

30日チャレンジのイメージ画像

30Daysチャレンジとは元グーグルのマット・カッツさんが考案したもので「前からやってみたいと思っていたことを30日間試してみる」というものです。

例えばカッツさんの場合は、毎日一枚写真をとる、自転車で通勤する、小説を書くというチャレンジを行いました。

私はランニング、投資、Twitter、写真など様々なチャレンジをしてみました。チャレンジしてみたもの中には思っていたより楽しくなかったこと、想像以上に面白かったなど様々です。

私はランニングは30日間続けた後も気持ちが良かったので続け、最終的にはマラソンを完走するまでになりました。逆に写真は前からやってみたいと持っていたのですが、やってみるとそこまでの楽しみは覚えませんでした。

30日チャレンジをすることで得られることは大きく3つあります。

30日チャレンジの効果
  • 自分の好きなことができるので純粋に楽しい。
  • やってみて自分が本当に楽しめるものかがわかる。
  • 30日間やることで好きなことができるという自信がつく。

普通に生活をしていると、忙しさに追われ、やらなければならないことばかりを消化する毎日になりがちです。

30日間、1日30分でもでいいので、やってみたかったことを自由にやってみてください。

きっと生活に活力が生まれ、自分のやりたいことがより具体的になります。

副業

副業のイメージ画像

副業にチャレンジしたことがない人、興味のある人は是非副業をしてみてください。

一度自分の力だけで稼ぐ経験を積むとぐっと世界が広がります

会社への依存度も減りますので精神的に楽にもなります。

もし自分の好きなことで稼ぐことができれば最高ではないですか?

今は誰でも気軽に副業できる時代になりました。個人でお金を稼ぐのは簡単ではないですが、しっかと取り組めば誰でも月数万円は稼げます。

もし自分の得意な分野や好きなことがうまくハマると月数十万円も夢ではありません。仮にうなく稼げなくともそれはそれで大きな学びになります。サラリーマンをやるだけでは身につかないマインドやスキルが身につきます。

「副業で収入UP!サラリーマンにおすすめな副業一覧12選」にサラリーマンでもやりやすい副業をまとめています。まずはこの中から自分に合ったものを気軽に試してみてください。

30日チャレンジをした方はその活動を副業に繋げられないかも考えてみてください。

行動ワークまとめ

行動ワークまとめのイメージ画像

いかがだったでしょうか?

自己分析以上に行動ワークは難しいものが多かったと思います。

行動するのは誰だってめんどくさいし怖い。

もしあなたが新しい行動を一つでも実践できていたならそれは凄いことです。本当に凄いことです。

きっとあなたは以前に比べて自分の好きなことや今後のキャリアがより明確になり、以前よりずっとポジティブな気持ちで日々を送れるようになっているのではないでしょうか。

もしそれぞれのワークがうまくできなかった場合も問題ありません。

一つずつ自分のペースで取り組んでみてください。

もしワークでうまくいかない、相談したいという方は気軽にコメントやDMをください。

ワークショップの「学びワーク」がまだの人は、こちらから学びワークにおすすみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Life Goの運営者
「やりたいことがわかない」と苦しみぬいた30代から一新。40歳を手前に人生リスタート、未経験転職で年収UPに成功。
プライム上場ホワイト企業に勤務するかたわら副業、投資、子育てに奮闘。
「30代後半からでも変われる!」をコンセプトに情報発信中

コメント

コメントする

目次