「熱中できるものがない」と悩んでいる人に伝えたいこと

*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

ケンタ

自分には熱中できるものが何もない、、
仕事も楽しくないし趣味も特にない、、毎日がただ過ぎて行く。
本当はもっと何かに打ち込んでみたいのに
こんな自分にも熱中できるようなことってみつかるのかな

こんな悩みに応えていきます。

私は実際になにも熱中できるものがない状態から、今では興味のあるコーチングに夢中になっています。(本記事もコーチングの一環として執筆しています)

ここではそんな自身の経験から、熱中できるものを見つける方法を具体的に解説します

鍵は「どれだけ自分自身を理解できているか」。

誰にでもできる、再現性のある方法ですので

「何かに熱中して充実感を得たい。」

「好きなことに夢中な日々を過ごしたい。」

「でも好きなことがわからない。」

そんな方は是非最後まで読んでみてください。

ポジウィルの無料相談!

「やりたいことがわからない」「今の会社でいいのかな、、」とモヤモヤしている人は、一度キャリアコーチングのプロに相談すると前に進める!

ポジウィルの45分無料カウンセリング」は「今後どう生きるのか?」を軸にプロのキャリアコーチがあなたの悩みの言語化、自分1人では気づけない新たな気づきを得られるのでおすすめ!

オンラインで気軽に相談!無理な勧誘はなくて無料。上手く話せなくても大丈夫。

迷いが晴れると前向きになれる!

\ 人気なのでお早めに! /

本記事の執筆者
ユウゾウ

Life goの代表及びキャリア/ライフ コーチ
同志社大学卒業後、プライム上場企業にて海外営業に従事。5年以上の海外駐在を経験するも長らくキャリアに悩んでいたところ、コーチングに出会い人生が変わる。30代後半で異業種異職種への転職ながら年収100万円アップ、副業(収益月10万円ほど)や投資(投資資産4000万円以上)でも結果がでるように。自分のように生き方に悩んでいた人のサポートをしたいとコーチングを学びサービス提供スタート。
現在Life go及び複数コーチング会社のコーチを兼任。米国Transformation Academy認定ライフコーチ。

目次

熱中なんかしなくてもいい

熱中する方法を解説する前に大事な前段をお伝えさせてください。

(飛ばしたい方は「熱中できるものを見つける方法」へ飛んでください)

それは「何かに熱中なんかしなくても人は幸せに生きられる」ということです。

熱中することより大事なこと

「熱中して生きる」というのは一つの価値観、ライフスタイルのあり方でしかありません。

例えばオリンピック選手は自身の競技に熱中しているかもしれませんが、それ以外の多くのことを犠牲にしています。

そういったストイックな姿は一見カッコよくみえますが、あなたがその価値観の中で生きられるのか、生きられたとして幸せなのかは別問題です。実際に熱中する中不幸になる人も多くいます。

大事なことはあなたが人生に本当は何を求めているかです。それを知ってそれをちゃんと手に入れることです。

「熱中できるもの」はあなたが本当にほしいものでしょうか?

それよりも大切にしたい価値感はありませんか?

本当は仲間が欲しかった

私は以前コーチングをしたクライアントさんから「自分は何にも夢中になれない」と相談を受けました。

ただ話しをしていくと彼女の本当にほしいものは「夢中になれる何か」ではなく「仲間」や「信頼」でした。

学生時代に部活で仲間と一緒に夢中になれたことが成功体験としてあり、今の職場で人間関係に問題を抱えていました。

仮に彼女が「夢中になれるもの」を探そうと必死になって何かを見つけても、仲間がほしいという欲求が満たされなければ彼女は幸せになれません。求めているものは信頼できる仲間だからです。

熱中はただの状態です。

何よりも大事なのはあなたが本当は何を求めているのかを自分で知ることです。

自分自身を理解することが結果的に熱中につながる

自分を理解すれば自分の感情や思考への理解が深まり自分が本当に欲しいものが見えてきます。

そしてその結果として自分の価値観に合った何かに熱中することにもつながります。

熱中できるものがほしい、今の生活がつまらない、将来が不安、、そうモヤモヤしている人は自己内省を深める必要があります。

自分の理解を深める方法はいくつかありますが、一番簡単で効果的な方法がキャリアコーチングを受けることです。

キャリアコーチングとは

キャリアコーチングとは一人ひとりが自身の持ち味を活かし、納得のいくキャリアを歩んでいけるようサポートするサービスのこと。

具体的なサービス内容は、自己分析やキャリアプラン設計、キャリア形成や転職活動へのアドバイスなどがあげられます。内省を促し自身の本当にやりたいことをベースにキャリアを考えるのが特徴。

最近は特に20代、30代の方から人気が高く、多くの利用者がいます。

初回は無料相談ができるのでお金もかかりません。無理な勧誘もありません。

オンラインで気軽に受けられるので現状にモヤモヤしている人は試してみてください。

コーチングを受けることでプロの客観的な視点もあり本当の自分に気づくことができます。

ここが全ての入り口です。

→Posiwill:キャリアコーチングの無料体験

熱中できること、やりたいことは必ずある

よく「やりたいことがわからない」という悩みも聞きますが、やりたいことがない人間などいません。

人間には必ず意思があります。

「自分には好きなものがない」も嘘です。

ラーメンか寿司今どっちが食べたいですか? 

遊園地と図書館どちらが好きですか?

きっと答えられると思います。

ではなぜ急にやりたいことになるとわからなくなってしまうのでしょう。

自分がわからなくなる原因

自分のやりたいことや好きなことがわからなくなるのにはいくつかの原因があります。

1.他人や社会の目

「人から嫌われたくない」「変な人だと思われたくない」こういった思いが強い人は人の意見や社会の常識を気にし過ぎて次第に自分の気持ちがわからなくなってきます。

承認欲求を満たすために人の期待を満たすことばかりしている人も同じです。

誰だって人から嫌われたくないし、承認されたいです。でも度が過ぎると人生がどんどん他人軸になり自分を見失ってしまい、いつの間にか自分がどうしたいのかがわからなくなってしまいます。

人から嫌われたくない気持ちが強い人はアドラー心理学を物語風に書いた「嫌われる勇気」を読んでみてください。人間関係における非常に重要な内容が書かれています。

2.子供の時につくられたネガティブな思考にとらわれている

自分がわからなくなる要因として子供時代につくられたネガティブ思考も挙げられます。

例えば幼少期に親が過保護であった人は自己決定をするのが苦手で「私はそんなこと一人できめられない」「私は弱い」といったネガティブな思考を持ったり。

教育熱心な母から評価されるために頑張ってきた子はもっと頑張らなくては、100点でなくてはと完璧主義の思考をもつようになったりします。

このようなネガティブな思考に囚われていると自分の本当の気持ちや自分自身を信じることができなくなり前に進めなくなってしまいます。

厄介なのはこのような思考は子供のころに形成されて、本人には当たり前になっているので自分では気づきにくい点です。

私がコーチングをおすすめるのはこういった自分では気づきにくい点をキャリアコーチングを受けることで気づくことができるからです。人は自分の思考の癖に自分で気づくことはできません。

私もそうですが、ネガティブな思考が外れた瞬間に人生が急に上手く回り出す人はとても多いです。

トラブルを招きやすいネガティブな思考についてもっと知りたい方は「「本当の自分」がわかる心理学」という本がおすすめです。きっと「これ私だ!」と共感する内容がたくさん載っています。

3.やらなくてはいけないことで埋め尽くされている

自分を理解する上で大事なのはHave to(やるべきこと)とWant to(やりたいこと)を分けて考えることです。

大人になると仕事や家庭やプライベートでもやらなければならないことが無数にでてきます。あれも、これもとやるべきことをこなしていくだけで1日が終わります。

そうしてHave toにまみれていると自分のWant toがわからなくなってきます。もしくはWant toに蓋のしてみないようにする場合もあります。

こういった場合は、やりたいという気持ちを感じるスペースを心につくつことが重要です。

熱中できるものがなくても幸せにななれます。あなたはシンプルに人生を楽しむことができていますか?

4.頭でばかり考えている

やりたいことは頭で考えることではありません。

体で感じるものです。

人を好きになる時に頭で「あの人は頭もいいし、背も高いし、年収も高いから好きになろう」とは考えませんよね。人を好きになる感情は頭で論理でくみたてるものではありません。

やりたいことも同じです。

自分は何がやりたいのか頭で考えてもでてきません。

大人になると仕事では自分の気持ちよりも頭で考えることが求められ、SNSなどでも論理に基づいた有益な情報が溢れていて、私たちはどんどん頭ばかりで考えるようになります。

すると自分の内側から出てくる感覚に鈍感になってしまい、自分の気持ちが置いてけぼりになってしまうのです。

自分を取り戻して熱中するものをみつける方法

ここまで説明してきた通り、他人の価値観や自分の勝手な思い込み、頭ばかりで自分の気持ちを無視してきたことが自分がわからなくなる理由です。

自分を取り戻して熱中するものを見つけるには、自分がどう感じているのか、本当に大切にしたいものはなんなのか、何が得意でどんな環境で生き生きするのかなど自分についての理解を深める必要があります。

ここから熱中するものを見つけるために必要な自己理解を深める具体的な方法をご紹介します。

キャリアコーチングを受ける

すでにお伝えしたようキャリアコーチングは一番効率よく自分を深掘りやりたいことを見つけるツールです。

コーチとの対話を通じて、自分の本当の気持ちや強み、特性について理解が進みます。

自己分析は自分だけでやると迷子になるケースも多いので確実に最短で自分のやりたいことや方向性を定めたい人にはおすすめです。

人によっては合う、合わないがありますので、まずは無料相談を受けてみて手応えがあれば検討してみるのが良いと思います。

ポジウィルの無料相談!

「やりたいことがわからない」「今の会社でいいのかな、、」とモヤモヤしている人は、一度キャリアコーチングのプロに相談すると前に進める!

ポジウィルの45分無料カウンセリング」は「今後どう生きるのか?」を軸にプロのキャリアコーチがあなたの悩みの言語化、自分1人では気づけない新たな気づきを得られるのでおすすめ!

オンラインで気軽に相談!無理な勧誘はなくて無料。上手く話せなくても大丈夫。

迷いが晴れると前向きになれる!

\ 人気なのでお早めに! /

筆者のコーチング体験

筆者はキャリアコーチングを受けたことを転機に夢中になれるものが見つかりました。

筆者のコーチング体験は「ポジウィルのキャリアデザイン・プランを実際に受けた感想、徹底レビュー」にまとめていますので、興味がある方は参考にされてください。

②書籍で自己分析を進める

自己分析を自分ですすめたい方は本を利用することもできます。

自己分析の書籍は色々ありますが、おすすめを「【厳選】人生に効く!社会人向け自己分析のおすすめ本13選」にまとめていますので参考にしてみてください。

ただ本を使っての自己分析は客観性が得られないデメリットがあるので、本で自己分析をした後モヤモヤするのであれば無料相談だけでもよいのでコーチングを受けてみることをおすすめします。

私も若干名ですが無料相談受け付けていますので、興味ある方はこちらから予約ください。

③ジャーナリング

ジャーナリングとは自分の思考や感情を書き出して行く日記のようなものです。

心のメンテナンスとしても注目されていて近年Google社でも取り入れられています。

ベストセラーの「ずっとやりたかったことを、やりなさい」でモーニングノートとも紹介されています。

やりかたは10分など時間を定めて今気になっている状況や感情をありのままに書いていくだけです。誤字脱字など気にせずにとにかくどんどんと手を動かして書くことに集中します。

すると自分の潜在意識にアクセスができて自分の本音がどんどん出てきます。こういった感情を出してそれを受け入れることで自分を取り戻すことができるようになります。

モーニングページでは毎朝A3用紙3枚分書くことが推奨されていますが、無理のない範囲ですすめてもよいでしょう。

私は実際にモーニングページをかれこれ4年ほど続けていますが、頭がスッキリして自分の気持ちの整理ができるので気に入っています。

④好きなことをやる

人生を賭けて熱中したいことは今なくても好きなことや、やってみたいことはあるはず。

小さくてもよいので自分の好きなことや、やってみたかったことをやる時間をつくってください。

おすすめは朝起きてまず自分の好きなことをやることです。

例えばゲームが好きなら仕事が終わって疲れた体で深夜にやるのでなく、朝少し早く起きてやってみてください。

多くの人は1日の最後に余った時間で自分のことをしようとして結局その時間がとれません。

まず自分を満たしてあげてください。

私は30日チャレンジというのを実践して30日だけテーマを決めて好きなことをやってみました。これによって自己効力感をつけることができました。 興味のある方は「人生を変える30日チャレンジ!」を参照下さい。

⑤五感で感じ、受け止める

頭を休めて体で、五感で感じることを心がけてみてください。

特に感情を押し殺しがちな人は自分の感情にしっかりと浸ってください。

感情は私たちに色々なことを教えてくれます。

感情が教えてくれること

・怒りは、欲求が満たされなかった時に起こる感情。裏を返せば自分の欲求に気づくことができる。

・不安は、私たちにその事柄が危険であることを知らせてくれます。

・悲しみは、大切なものを失ったことや手に入れなかったことを教えてくれます。

・恥ずかしさは社会的あるいは個人的なルールに違反してしまったことに気づかせてくれます。

・喜びはそれが快楽をもたらしてくれることを教えてくれます。

すべての感情はあなたのもので全部正解です。それを受け入れましょう。

五感を使って楽しむこともしてみてください。

ゆっくり音楽を聴いたり、自然の中で森林浴をしたり、運動をして体に負荷をかけるのもよいでしょう。

頭を休めるのに瞑想も効果的です。

Youtubeで誘導瞑想なども多数あがっているので興味のある人は試してみてください。

答えは自分の中にある、必要なのは小さな行動

やりたいことや夢中になれることは放浪の旅に出れば見つかるようなものではありません。

やりたいことや夢中になれることはあなたの中にしかありません。

自分自身をしっかりと理解できるとやりたいことは必ず見えてきます。

ちゃんと自分と向き合って受け入れ自分の欲に素直になりましょう。

すると無理なく熱中している自分がそこにいます。

長く自分のやりたいことに蓋をしてきた人は少し時間がかかるかもしれません。

私の場合はコーチングを受けたり、30日チャレンジをしたり、ブログを書いたり、投資をしてみたり、色々なことをやっていくなかで今のコーチングという夢中になれるやりたいことに辿り着きました。数年の試行錯誤を繰り返しています。

そしてその出発点になったのは「熱中できるものが何もない、、」とモヤモヤ悩んでいた自分です。

モヤモヤしているのは何かを変えるべきよいサインです。

重要なのは、このサインを逃さず、小さくてもよいので行動することです。

コーチングを受けるでも、自己分析の本を買うでも、瞑想をしてみるでもよいので、何か一つでも試してみください。

小さな行動の先に熱中している自分が必ずいます。

あなたが自分の本当に求めているものを理解して、やりたいことに熱中して生きれるよう応援しています。

→Posiwill:キャリアコーチングの無料体験

→本記事筆者のユウゾウのコーチング無料相談

ポジウィルの無料相談!

「やりたいことがわからない」「今の会社でいいのかな、、」とモヤモヤしている人は、一度キャリアコーチングのプロに相談すると前に進める!

ポジウィルの45分無料カウンセリング」は「今後どう生きるのか?」を軸にプロのキャリアコーチがあなたの悩みの言語化、自分1人では気づけない新たな気づきを得られるのでおすすめ!

オンラインで気軽に相談!無理な勧誘はなくて無料。上手く話せなくても大丈夫。

迷いが晴れると前向きになれる!

\ 人気なのでお早めに! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Life Goの運営者
「やりたいことがわかない」と苦しみぬいた30代から一新。40歳を手前に人生リスタート、コーチング、転職、副業、投資でより自分らしいポジティブな毎日を実現。未経験転職で年収UP残業減に成功、副業収入120万円、投資額4000万円。2児の父。
「30代後半からでも変われる!」をコンセプトにもっと自分らしく生きるための情報を発信中

コメント

コメントする

目次